未来のこと

友達とビーチでのんびりした時の一枚。裸足で木登り。もう夏も終わりです。「海辺のカフカ」を読んでいた友達、いいチョイス。
c0039630_17322456.jpg


さてさて、ケロウナの前にサイキックに行った話はちらっとしたけれど、今回はそのお話。
その後すぐに、シアトルに行ったので、次回はシアトル。(書くのが追いつかない・・)

話はサイキックに戻るけれど、サイキックというのは、日本で言う占い。
私は占いを全く信じている訳じゃないけれど、何か決める時に便利だから、そういう時に利用している。大概自分が思った通りだし、言ってもらえると迷いがスッとなくなるから。それで、まあ悪いことは言わないし、たまに面白いこともある。

当たると有名なミンおばさん。1時間30ドルとお値段も安い。
話しながらカードを並べて、ミンおばさんがいきなり「あなたの番号は3」と言った。





面白いことに、3にまつわることがちゃんとあった。
実は11月末に帰国するのだけれど、往復のチケットの帰りの時期でちょっと迷っていた。帰りのチケットを2月末で予約したが、3月末にしようかどうか最後まで悩んでいた。それで、そうだ、こんな時こそサイキックで決めよう〜!とうきうきしていたのだが、結局払い込みの関係で間に合わず、サイキックに行く直前に、とっさに変なふうに間を取って3月5日に変えたのだった。意味は全くなくて、優柔不断の末電話口でとっさに口をついて出たのだ。

そうすると、3カ月日本に帰って、3月に帰ってくることになる。
迷っていたどちらかの日程だったら、3カ月滞在して2月に帰国か、4カ月滞在になる。
ちょっとしたことだけど、不思議。その他にも3に関係あることが幾つかあった、例えば私の住所は33がつく、電話番号にも3がふたつ(どうせなら3つ欲しかったけど)などなど。

それで、私の人生は3年ごとに変わり、良くなって行くとのことで、ひとまず安心。あとはこれをもとに「自己暗示力」でなんとかするのです〜。

「あなたはここにあと3年いて、その後はシアトルに行くよ。ロンドン、トロント、カルガリーにも行く。仕事のことは全然心配しなくていい。12月に新しい仕事が見つかる。」
「でも私、12月は日本にいるじゃない?新しい仕事を見つけて、日本にいることにしたらどうなるの?」
「それはそれで、大丈夫」
ん〜、それって自分で選べるってこと? シアトルには結婚で行くようなこと言ってましたけど、日本にいるならシアトルの私の旦那はどうなるのだ。・・・まあいいか。どうにかなるってことだろう。

ちょっと気がかりだったことも聞いてみた。
「あのー、私ね、親に迷惑も心配もかけてるし・・ちゃんと稼いでお金あげたい。どうかな」
すると、
「家を買ってやれるから心配するな」と即答。良かった・・ちゃんと実現出来るように、ここに書いておく。書くだけじゃないですよ〜。(たぶん・・)そうかぁ、あの年季の入った我が家は私が建て直すのか。

全部本当になるなんて思っていないけれど、良いことが本当になるように頑張ろうと思う。私にとって占いとはそういうもの。

さて、次回はシアトル一日旅行です。
[PR]