雑記

c0039630_22572791.jpg

今日は紀伊国屋で、ひとしきりデザインの本を読み込んで(もちろん立ち読み)メモまでとって、厚かましいかしら・・と辺りを見回したら防犯カメラが真後ろにあった。
結局1時間以上かけてよりすぐった一冊を購入。あとはお茶を飲みながら考えをまとめて、スケッチしていく作業。これさえやっておけば後は早い。
東京のカフェはざわざわと騒がしいけど、そこにいた方が以外と仕事がはかどったりする。

そういえば昔TV番組で、赤ちゃんが泣いている時にテレビの砂嵐(画像が映らずざーっとなってる状態)を聞かせると泣き止んで眠るっていう実験を見たことあるけど、一説によると胎内にいる時に聞こえる音の波長に似ているとか。

カフェで仕事するとはかどるっていう人はけっこういるけど、ちょっとざわざわした所が落ち着くのって、砂嵐で落ち着く赤ちゃんのようなものだろうか。

実家にいるときの朝の散歩で、海に着いて裸足で波に足を浸す安心感と幸せな心地よさは、海に胎内を感じているような気もする。いつか死んで海に還るという、そしてたくさんの命が生まれて溶けてる海。なつかしいような不思議な感じ。分別のある大人になったらあまり言わないけど、誰だっていつだって、大きなものに包まれたい気持ちになるものだと思う。
[PR]