しあわせなお話

フィギュアスケートの井上怜奈選手が、ペアのパートナーであるジョン・ボルドウィン選手から氷上プロポーズを受けたというニュースが、少し前にありました。二人のことは知らなかったけれど、ロマンチックでかわいいなーと思っていました。

それだけだったのですが、数日後インターネットで偶然二人のお話をもう一度読んで、そのときに、今に至るまでの井上選手の壮絶な経験を知りました。
涙なくして読めませんでした。
もし自分だったら・・?と考えたら、本当にすごい人だと思いました。
彼女は想像を絶するような努力と精神力で、全てを手にしたんですね。

何よりも、お母さんを元気づけたかったという思い。そしてスケート一家に生まれながら芽が出ずに苦しんでいたパートナーとの出会いと、実力では井上選手より格下と言われ続けた彼を、オリンピックに連れて行ってあげたかったという強い思い。
自分のためではない努力と願いが、彼女を強くしたのだと思います。

プロポーズの様子を映像で見たかったな。おめでとうございます。

そいいうわけで、しあわせなニュースだったので書いてみました。

ほぼ日刊イトイ新聞の記事
NHKアナウンサー、刈屋富士雄さんのインタビューの一部です。
[PR]