カテゴリ:お散歩またはショッピング( 28 )

京都の写真は長いので、ちょっとひと息、お散歩写真。
私の地元にある、「Coya Cafe なのはな」 に連れて行ってもらった。小さいお花屋さん&カフェ。可愛いアンティーク小物も置いてある。
まずは友人おすすめの豆乳ぶどうジュース! 豆乳くささが無くておいしい。
c0039630_1414962.jpg

色んなかわいいものがいっぱい。
c0039630_1434724.jpg


もっとカフェでの写真を見る →
[PR]
c0039630_16281383.jpg

こちらでは至る所に生えているブラックベリー。期待するほど美味しくはないので、あまり食べないけど見た目は可愛い。そういえばこの間グランビルアイランドに行ったら、池の脇に生えてるブラックベリーを缶ジュース片手にむしゃむしゃ食べているおじさんがいた。ランチか・・・?

フルーツといえば、
[PR]
先日、ここバンクーバーで活躍されている作曲家の方を撮影させてもらう機会がありました。自然の中での撮影を希望されたので、ノースバンクーバーとウェストバンクーバーへ向かい、森の中や海の岩の上で撮影することに。けっこうな距離を歩いたけれど、自然ってやっぱり素晴らしい。
写真は、リンキャニオンの森の中。
c0039630_15245894.jpg

「あ〜!!気持ちいい・・・疲れたけど・・・でも、最高!・・はーはー(荒い息)」という感じで、なんというか、老人並みの体力を披露してしまいました。彼は時々1人で本とサンドイッチを持って来て、川に足を浸しながら一日過ごしたりするそうです。いいなあ・・・ものすごいぜいたく。良い曲も浮かんできそう。バンクーバーではこういうことが気軽にできるのが、素晴らしい。私の実家、いわきには山も川もあるのでやろうと思えば出来るけど、蝉はうるさいしアブには刺され放題で本など読むどころではない。田舎でカッコいいことやろうったって無理なのだ。やっぱりいいなあ、バンクーバー。

昨日、現像に出したフィルムが出来上がってきたのでドキドキしながら見た。好きな写真が何枚かあって、とても嬉しかった。最近デジタルが多かったのだけど、この緊張感と質感、フィルムの方がやっぱり好き。

帰りは、ベジタリアンのチャイニーズという珍しいお店に連れて行っていただき、ご馳走になった。もちろん写真を撮りましたので、後日アップしますね。また食べ物か〜!!
[PR]
c0039630_17102023.jpg

芝生の中にこんな花がたくさん。春ですねえ。
[PR]
c0039630_9524445.jpg

湿った黒い土に、白い花が落ちて、きれいです。
[PR]
c0039630_1517496.jpg

[PR]
c0039630_16255341.jpg

c0039630_16275894.jpg

[PR]
今、ボランティアをしています。
仕事もフルでの上ですので、なかなか全てのことに参加出来ませんが、良い経験になりそう。

ちなみに、YAYOIさんという世界で活躍されているダンスパフォーマンスアーティストの方の公演のお手伝い。今回はYAYOIさんが乳がんから復帰されたことの感謝の意味の公演で、全ての収益金は乳がんのために寄付されます。

先日の土曜日は、公演のエプロンをつけて、横断幕を持ってダウンタウンを練り歩きチラシを配りました。

バンクーバーはもうすっかり秋です。(というより、冬に近いです)
c0039630_15341453.jpg

[PR]
c0039630_1355467.jpg


雨上がりの空。

自分の生活に追われ、地元の方々に「出来ると思う」と言いながらも「出来ていない」ことがたくさんあります。とっても心苦しく思います。出来ないなら出来ないって、きっぱり言えばいいんですがその時は出来ると思っちゃうのね。ごめんなさい。

カナダに来てから前より少し物事はハッキリ判断して言えるようになったような気がします。気付いたのは、「言いにくいこと」の大半は自分の問題だってこと。言いにくいことは何故言いにくいのかじっくり考えるとなんとなく解決法が分かって来ます。それで自分の中のいやしいところをう〜ん、これはナシだねとピッピッと取り除いていけば大したことなくなるんです。説明不足かと思いますが、私の場合はつまりそういうことです。
よく思われたい、がっかりさせたくない、やってあげたい、「出来る人」に見られたい、嫌な顔されるのが怖い、嫌われたくないとかそういう腹黒い欲望がぐるぐる渦巻いている私の人生ですが、年をとるってのはそういう面でちょっとずつ分かって来て軽くなってくんだな多分。

そんな生活も残り4ヶ月ほど、早いものです。
[PR]

時期がずれてますが、夏を惜しんで。
c0039630_1552958.jpg


写真展も無事に終え、搬出も済ませました。
あの後、また地元カナディアンの方に買って頂いたり、
搬出の最中に今日が最終日だからと新聞を見て来てくれた同じ福島県出身の人とお話できたりなど、最後まで色々な嬉しい事がありました。

もっと在廊していられればという後悔もありますが、毎日そんな時間もないほど忙しかったというのもまた贅沢な話です。(といっても仕事の割合は少ないのですが)

来てくださった皆さん、ありがとうございました!
年内にまたどこかで写真展が出来ればと思います。
[PR]