カテゴリ:イベント( 20 )

今年も行ってきました。
c0039630_18131920.jpg

[PR]
c0039630_1802815.jpg

祈りが届きますように
[PR]
c0039630_12165690.jpg

c0039630_12171935.jpg

c0039630_12174232.jpg

c0039630_1218432.jpg

c0039630_12182313.jpg

c0039630_12184418.jpg

一部ですが、今年はここまで。夏ももうすぐ終わりです。
[PR]
c0039630_1716498.jpg

もうだいぶ経ってしまったけれど、8月5日に行われたPride Paradeに行った時の写真。
分けて少しずつお送りします。
c0039630_171825100.jpg

1年ぶりのパレードでは、相変わらずスゴい(色んな意味で)人たちがたくさん!みんな嬉しそう。
c0039630_17201061.jpg

c0039630_1721917.jpg

c0039630_17212614.jpg

年齢とか性別とか関係なく、皆が楽しんでいるこのパレードが好き。色がきれいで賑やかで、おもちゃ箱のような楽しさ。Happy Pride !
[PR]
c0039630_15124776.jpg

もう7日ですが、1日はカナダ・デーでした!
この日はどこに行っても何かしらのイベントが行われ、街中がカナダフラッグであふれます。(上の写真ではなぜかフランスパンに)
c0039630_1513525.jpg

パレードでは、この全身ピンクで眼鏡というマニアックなコーディネイトの小さな女の子が、終始真顔でけっこうな激しいダンスを披露。
c0039630_1515073.jpg

かわいいパイレーツ。持っているのは貯金箱??

もっと見る
[PR]
先日、友達の劇団の舞台を見てきました。

劇団「危婦人」の「大部屋女優 浜子」。
実はこれ、好評につきシリーズ化された第2弾で、私は1回目を見逃してしまったのだけれど、ほんと後悔した。

最後の大部屋出身といわれる、芸歴50年の女優・蘭 浜子(55)が繰り広げる笑いあり、涙ありのステージ。浜子のキャラクターがすごくいい。これは架空の世界だけれど現実世界でも息の長い芸人さんというのは、誰にでも愛される人間的魅力に溢れたキャラクターなのだと思う。どんな人を演じていても内面から滲み出る、その人の本質に人々は魅了される。
ぜひ、3作目をと期待。

さてさて、このお友達はアクセサリーを作っていて、衣装もてがけている。彼女が手がけた、舞台のクライマックスに登場する浜子のきらびやかでゴージャスな衣装には感動。
7月に東京のカフェで、彼女のアクセサリーと私の写真を展示することになりました。といっても、私は留守にするので作品だけ預かってもらいますが、機会があれば是非お越し下さい。詳細が決まりましたらお知らせします。

危婦人
[PR]
c0039630_17182799.jpg

バンクーバー国際フィルムフェスティバルが始まりました。今週は嵐のように過ぎそうです。
今までに見た日本映画は、3本。
「ヨコハマメリー」「46億年の恋」「カインの末裔」。
今のところ、私とセンパイの投票ではヨコハマメリーがダントツの1位。

「ヨコハマメリー」は、70歳を過ぎても現役で伊勢佐木町の街頭に立ち続けた娼婦、「ハマのメリーさん」の謎に満ちた半生を追うドキュメンタリー映画。顔は白塗りの歌舞伎のようなメイク、フリルのドレスで、華族の末裔だとか様々な噂が立つが一切の素性は不明。気味悪がられたり、親しまれたり。いつしか横浜人なら誰もが知る存在となる。彼女を知る人へのインタビューで少しずつ明らかになるメリーさんの人生。そしてフィルムは95年に突然姿を消した彼女の消息を追う。

誇り高く孤独に自分の道を生き抜き、愛した人に、ただもう一度だけでも会えることを希望に立ち続けた姿は、壮絶でありながらもそれを感じさせない。ホームレスのような生活をしながら誰にも弱音を吐かず、自分のことをあまり語らなかったメリーさんは、頑張っているようにも辛さに耐えているようにも見えない。ただただ、じっと待っていたのだ、きっと。

メリーさんに関わる人々と、その絆が温かい。
フィルムの終盤、自分の半生と重ね合わせて親身に彼女を援助し続けたシャンソン歌手・元次郎の歌う「マイウェイ」を聴くメリーさんの映像がある。歌詞に自分の人生を重ねて涙ぐんだりするわけでもなく、うん、うんと何度も頷き、微笑みながら聴くメリーさん。
「やがて私はこの世を去るだろう  
永い歳月私は幸せに  
この旅路を今日まで生きてきた  
いつも私のやり方で  」

その穏やかで美しい横顔に感動、涙してしまった。

ヨコハマメリー公式サイト
[PR]
コンサートの続きです。
ERICHIがカナダで足を怪我してしまい、インタビューで会った時は足を引きずりながら歩いていた。痛々しかったけれど本番ではそんなこと全然感じさせなくて、カッコ良かった。
c0039630_19151477.jpg

c0039630_18541956.jpg

c0039630_18545121.jpg

c0039630_18552278.jpg


残りは、こちらでご覧ください。
http://fotologue.jp/yuris(要Flash8)

ZZ、応援してます!
公式サイト
http://www.avexnet.or.jp/zz/
http://www.euclidagency.com/zz/pc/
[PR]
少し前の話になるけれど、SFU(サイモンフレイザー大学)で行われた“Anime Evolution”という、アニメ&日本文化のイベントでのコンサートのために来加した、ZZの取材に同行してきました! 許可を頂きましたので、コンサートの様子を何回かに分けてアップします。
c0039630_16393692.jpg

c0039630_1640578.jpg

Vocal : SOTARO
c0039630_17203639.jpg

Base : KYAMA
c0039630_1721548.jpg

Drums : MATSUURA
c0039630_17375433.jpg

Guitar : KOHSUKE
c0039630_1743988.jpg

c0039630_17382098.jpg

Keyboard : ERICHI
c0039630_17450100.jpg


ZZ公式サイト
http://www.avexnet.or.jp/zz/
http://www.euclidagency.com/zz/pc/

つづく。
[PR]
いよいよパレード写真も最終回です。

それにしても、皆ハッピーな感じで素晴らしい。日本ではまだ隠され迫害されることも多いけど、ここの人たちはとてもオープン。移民の国バンクーバーならではの、おおらかさが感じられるイベントのひとつ。
c0039630_18301377.jpg

Heなのか、Sheなのか・・・・うーん多分、両方?
c0039630_18131628.jpg

c0039630_18173460.jpg

なんかコミカルな3人。
c0039630_18183379.jpg

なんとも言えないオーラが放出されております
c0039630_18191645.jpg

きれいなお姉さんというよりは・・・演歌の大御所?
c0039630_18203371.jpg

私の大好きな、虹のバルーンアーチ。
c0039630_1822835.jpg


いかがでしたか? 少しでも雰囲気を味わってもらえたら嬉しいです。
[PR]