<   2006年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

c0039630_12464784.jpg

c0039630_1247669.jpg

ステンシルというのを習っています。
薄いプラスティックのシートに下絵をうつして、それをカッターで切り抜いて、その上からローラーで布用塗料をペイント。
けっこう面倒なのですが、初めての作品にしてはうまく行きました!
もちろん元の絵はあるのですが、配置や構図はオリジナルなので大変満足しております。

次は何にしようかな〜、楽しみ。

これを教えてくれているのがカナディアンの先生なのですが、雑誌社勤務のデザイナー。
私の好きなカフェで働いているお洒落な日本人の女の子が習っていて、一緒に連れて行ってもらったのがきっかけで私も習う事にしたのですが、この先生がちょっと変わっていて面白い。

この日先生が作っていたデザインは、上を向いた女の人の顔のペイントで、口から血が流れています。(血の部分は別版でわざわざプリント)そして、「日本語を入れた!」というので何を入れたのかと思ったら・・・クラシカルゴシックな書体で 「処女の生血」
その時点で友達と私、大爆笑。

なにやらテーマがドラキュラだったらしく、インターネットでドラキュラ関連の検索をして、日本の古い映画のポスターから取ったらしいんです。

「意味知ってるの?」 と聞いたら「知らない」というので教えてあげたら先生も大爆笑。

できばえに満足し、出来上がったらその場で着ていました。いやー面白かった。
こうやって「変な日本語Tシャツ」とか「変な英語Tシャツ」とかが生まれていくんだね。
[PR]
c0039630_16271180.jpg

c0039630_1626334.jpg


散歩の続きです。
この日は、約1時間の道のりを歩きました。

お部屋でYOGAも最近サボり気味で、運動不足だし、珍しく晴れ続きのこのところ歩かなきゃ損、というわけです。
晴れていると冷え込むバンクーバーですが、なんとこの好天により、桜が咲き始めてしまいました!お〜い、まだ2月だよ〜。と何故か少し焦ってしまう。せっかく咲き始めたのに、また雨が続いて散ってしまったら寂しい。

明日は雪の予報だそうです。
[PR]
c0039630_17142326.jpg

c0039630_1715839.jpg

最近は、なるべく散歩のお伴にカメラ。
重くて肩が凝りますが、仕方がないです。超軽量一眼レフ、早く開発されないかなあ・・なんてくだらないことばかり考えております。
[PR]
c0039630_16391754.jpg

ちょっと遅くなりましたが、チャイニーズ・ニューイヤーのイベントです。
チャイナタウンに行けばパレードが見られたのですが、この日はあいにく取材でリッチモンドへ。(チャイナタウンからはけっこう遠いです)

しかし、リッチモンドはチャイニーズタウン。
取材の帰り、ヤオハンに寄ってみるとしっかりイベントが行われていました。

これはチャイニーズライオンと言って、中国の獅子舞のようなもの。
日本の獅子舞より、アクロバティックで観客の目を楽しませていました。

各店舗の軒先には、レタスがぶらさげてありそれをライオンが食べ、咀嚼してブワーツ!と店内めがけて吐き出します。お店の中に入ると商売繁盛なんだそうで。ちょっと見ていて楽しいイベントです。

c0039630_16403980.jpg

アクロバット!
[PR]
c0039630_17194857.jpg


みんな大好き English Bay にて。よく見ると鳥がいますよ。

現在、こちらの写真学校に通っていますが新たな発見などがありとても面白いです。
前々回は夜に集まって、ナイトビューの撮影会でした。スローシャッターでいろんなシーンを撮っていくもので、三脚を使って撮ったり手持ちでわざとぶらしたり、中でも面白かったのは先生がライトを持ってオブジェの周りを回っている間にスローシャッターで撮影するというシーン。

スローシャッターなので、光の軌跡は写り込むけど先生は写っていないのです。とってもファンタスティック!

で、肝心のそのシーンで私は失敗しちゃったんですね・・・シャッタースピード20秒と1/20を間違えたの。久しぶりに触るフィルムカメラだったし(というのは言い訳ですね)。ぼけてる〜!

なので、次週の講評が恐怖だったのですが、その写真は省いて他のものを出すことでとりあえず危険回避。正直にバラしましたけど。肝心の写真はというと、とても褒めてもらえました!構図が素晴らしいとのことで・・でもカナディアンは褒め上手だからな〜。

明日の授業ではプロダクトのスタジオ撮影。何かモノを持って行って撮影します。何もって行こうかまだ決めていません。悩みどころです。


さて、縁あって少し前に日本の雑誌のお仕事を頂きました。

今発売されている、「あの国でこれがやりたい」という留学雑誌です。今回はライターのお仕事で、「My Dear Time」というコーナーのひとりの人の記事を担当しました。
お時間があったら本屋さんで立ち読みしてみてください!!
[PR]