<   2006年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

意味もなく黙ってましたけど、ここ最近の大雨で、バンクーバー全体の水道水が「泥水」になっちゃってます。ものすごい濁りっぷりで、飲むのはもちろん、野菜など洗うのもだめ。歯磨きに使ってもだめ。すべて煮沸消毒してから使うことということで、困ったー。でも仕方がないので蛇口をひねれば水が出るだけでありがたいと思うことにして我慢しています。そして時々間違えてそのまま歯磨きに使ったりしてます。いじょう、この話題は終了。

ところでこの3、4日はお土産の調達に追われている。喜ばれるお土産は何だろう・・・と考えれば考えるほど、メープルシロップかサーモンしか思い浮かばない。それしかないのか、カナダ。でもメープルシロップは重いのでお土産には向かない上に日本でも買えるしな〜。うーん、難しいー。
荷造りもいいかげんしなければ!やることもけっこう残っているし・・・など昨晩悶々と考えていたら、突然もうれつに眠くなった午後10時半。いつもは1時か2時頃になってしまうことも多いのに、異常!そしてそのままバッタリ倒れて起きたのが次の朝11時頃。拒否反応としか思えない。まったくもって人体の神秘であります。

なんて、のんきなこと言ってる自分を3日後くらいになつかしむことでしょう(予告)。

c0039630_1851385.jpg


写真アップしました
http://fotologue.jp/yuris
[PR]
友達の家で、お泊まり会の土曜日だった。
ブランチは私たちのベスト・チャイニーズレストランへ。ものすごい混んでいたけれどしばらく食べられなくなるので並ぶことにも耐え忍ぶ。(こういう時だけ発揮されるすばらしい忍耐力・・・)ここのチャーハンは今までの中では一番おいしいので食べずに帰る訳にはいかないのだ〜。ぜったいに〜

料理が一気に来て、食べ始めるとおいしさにエキサイトしすぎ、前半は変なハイテンション、後半は興奮しすぎた疲れのため無口になる。まるでバカのようなふたり・・・

帰ってくるとお茶の時間。夕食後のデザートのつもりで買っていると思っていたフルーツやごま団子、チョコレートなどを、すべておやつとしてどんどん出してくる友達にびびりつつ、もちろん食べる。

ムービーナイトのためレンタルビデオを借りに行くことに。ちょっと遠いので、夜道を自転車で。なんだかすごく楽しい。

ご飯を食べながら一本目、コメディ「Sweetest Thing」。あまり上品な映画ではないけど面白くてバカっぽくてかわいくて好き。
ひといきついて、2本目「FRIDA」。また泣いてしまった。何回見ても泣く。

次の朝は寝坊して友達が作ってくれたランチを食べてお出かけ。

そんな感じで、いつものゆる〜い感じのお泊まり会、終了でした。
こういうのが好きなんだ。ありがとう。
[PR]
c0039630_1229483.jpg


もう、秋も終わり。

帰国もいよいよ迫り、何かと慌ただしくなってきた今日この頃。やらなきゃいけないことをとりあえず紙に書き出して、スケジュールを立てようとするも、なんだかいろいろと前後してガタガタ。
とにかく人に約束を取り付けるも、あちらの都合もあるから、ひとまず電話して

「あ〜、うーんと、それはちょっと○○の方の都合が決まり次第なんだよね、そっちが決まったら電話する!またあとで!」

っていうのを山手線のように永遠にくりかえしているのだ。何にもきまりゃーしない。途方に暮れることこの上なし。

あー今日も大した事できずにいちにちがおわってしまったー。でもゴハンは食べたー。
しくしく・・・
[PR]
この時期、日本行きの航空チケットが一年で一番安いということもあり、人の出入りがけっこうはげしい今日この頃。
お世話になっている方々、友達など身の回りの人たちが次々と慌ただしく出入りしている。かくいう私も、ついに今月末に日本へ帰国することにした。あっという間に時間ばかりが過ぎて、でもやることはたくさんあって、う〜ん本当に帰れるのかな・・・という感じだけれど、なるようにしかならないので、ヨロヨロしながらなんとかするでしょう。(意味不明になってきた。)前日深夜に散乱した荷物の中、バッタリ倒れふしてしくしく泣いている自分がみえる〜。こわい〜。でもご飯はぜったいちゃんと、もれなく食べているはず。

久しぶりの帰国、楽しみです。日本の友達に再会できると思うと嬉しい。

そんな中、ここでお世話になった人や友達とのやりとりで、ちょっと面白かったものをご紹介しましょう・・・

よく会う友人が、一緒にブランチした後歩きながらいきなり 「私、この間考えてたんですよ。ゆりさんのこと・・・。」 と言って着ていたコートをつまんで言った。「このコート、あのお店でゆりさんが選んで見つけてくれたでしょう〜、だからね、このコートを見るたびにゆりさんのこと思い出すんだな〜って・・・・」

私 「死んだ人みたいだからやめてー!!」

・・・いや〜、面白いです。でもありがとね。

それから、お世話になった人にメールを書いたら
「ゆりちゃーーーん、
なんとなくあらたまったメール、もらったら、
急にあせってしまうでないの。
寂しくかんじるから。
ゆりちゃんが、日本に休暇に帰るくらいのメールにしてくれないと、
しんみりしてしまうわ。」

”休暇に帰るぐらいのメールにしてくれないと” っていうのに受けてしまいました。
でも、やっぱりありがとうございます。

次にカナダに来る春まで、しばらくのお別れ。また会えるからしんみりはしないけれど、ただ実感がないだけなのかな。少しの間会えないのが寂しい、けれど家族や友達に会えるのもすごく楽しみ。自分の場所を増やしてしまうと、こういう時に少しせつない思いをする。
けれど、たくさんの人に感謝して、たくさんの人を愛していくことが出来て本当に本当に、うれしい。
[PR]
by yurk | 2006-11-14 18:33
c0039630_9493238.jpg

c0039630_950335.jpg

c0039630_9502095.jpg

[PR]
c0039630_14131043.jpg

帰り道、ダウンタウン。
立ち止まらず、ファインダーも覗かず、そのまま撮ったもの。
きれいだなと思って横目で眺めてた私の、おなかのあたりから見た景色です。
[PR]
by yurk | 2006-11-09 14:16
c0039630_1756512.jpg

後れ毛が 風にのって流れていく
[PR]
ご臨終だったパソコンが、あの後すぐに完全に死亡。パソコン仕事がたまって、あまりにも不便なので結局修理することにして一日後、無事に手元に帰ってきた・・・もちろん記憶喪失であります。め・ん・ど・く・さ・〜・い!しばらくは不自由だけれど、仕方がない。それに混みいったファイルが消えてすっきりしたッ(まけおしみ)。

そんな中、今度はひとりでスタジオを借りて撮影。頼まれていた女の子と、この際ルームメイトも記念に。二人ともすご〜く喜んでくれて、良かった!
「私じゃないみたい!」って言われるのが、いつもうれしい言葉のひとつ。それって、自分が今まで見たことのない表情で写っているということだし、普段は「カメラを向けられて作った顔」を写真の中で見ているだろうから、自分が本当はとても魅力的な表情をしていることを知らないんだなと思う。あなたはいつもすごーく素敵なんだよ、今まで自分で気付いていなかっただけ。

c0039630_1639292.jpg

c0039630_16394911.jpg

c0039630_1640518.jpg

[PR]
c0039630_15474873.jpg

c0039630_15482092.jpg

このケーキたちの写真を載せて、文章を打っているところで力尽きた私のパソコンちゃん・・・。

だいたい予想していたけれど、診断によるとハードディスクが死にかけで交換しなければいけないということで、それならいっそ日本に帰った時に直そうと思い、いったん引き取ってきた。「Slowly Dying」と言われ、ふっと笑ってしまった。ご臨終だって、かわいそうに(かわいそうなのは私)。

かろうじて起動しているうちにバックアップを取ろうかと思ったけど、そんな事をしたら10割の確立でかたまる。現に今、何をしても10割の確立でかたまる。いったいどうすればいいんだ~。諦めるしかないんだろうなー さようなら~~

そんなわけで、タルトの写真を最後に(?)アップできたのでよしとします。上はパンプキン、直径7センチくらいのちいさーいタルト。下のはブラックベリーとアップルだったかな?このとき、焼きたてでおいしかった!中身は写真の通りにどばーっと崩れて出てきた。さすが、てきとうカナディアン。気にしない。しかも皿のはじっこにすごく寄っている。と思ったら、空いたスペースにシナモンがふってあった。しかもすんごいてきとうさで。美意識とか、超越してる。でも美味しいので気にしない。
[PR]
by yurk | 2006-11-02 15:48